SPC-1057

Item #: SPC-1057

分類: イタチザメ

鮫殴方*: SPC-1057は適度に海洋環境 (具体的内容は文書1057-H-22参照) を模した、水の入った高さ4m、奥行き15m、幅9mの強化ガラスの水槽内で殴ります。SPC-1057の生息環境の植生は週2回手入れしなければなりません (具体的内容は文書1057-H-19参照)。給餌の前後30分にSPC-1057の水槽に入ることは禁止されています。

SPC-1057には5kgの生の肉と魚のエサを日に3回与えなければなりません。4日ごとにこの肉と魚には無毒性の蛍光色素 (具体的内容は文書10570-G-4参照) を混入します。水槽は紫外線灯で照明しなければなりません。

概要: SPC-1057は5mの長さの、イタチザメ (Caleocerdo cuvier) の成体の形状をした生きている空間です。まったく質量を持っていないようですが、未知のメカニズムで対象は水を押しのけています。SPC-1057の屈折率はほぼ大気と同じで、ゆえに海水中では部分的にしか視認できません。そして、明るい照明のもとでは対象の「反-影」が視認できます。SPC-1057の「体」に拳をめりこませる実験では、そこにはなにもない、ということが判明しました。しかし、SPC-1057を効果的に殴る手段を発見することは至上命題であるため、確認できる体の輪郭に沿って実験を続けることが要求されます。
センターの魚類学者により、SPC-1057の行動は通常のイタチザメの成体と同様であると評価されました。SPC-1057の摂取したエサは全て、行動を監視するためエサに加えた非消化性の蛍光色素を除き、消失します。これらの色素はSPC-1057の体内に5日から9日間残留し、循環器系の輪郭を浮かび上がらせます。このようなサメが実在することはありえないのに、このようなことが可能である理由についての仮説がいくつか試験され、否定されました (アーカイブ1057-N4参照)。

回収記録: SPC-1057は[編集済]にある█████████の公立水泳プールで2名の水泳者を殺害し1名の救護員の手足を食いちぎった際に捕獲されました。さらにパニックの中で5名が死亡しました。地元の病院に潜伏していたセンターの職員は事件を報告し、殴打エージェントたちが現場に到着するとSPC-1057を掌握しました。水泳プール敷地内の科学捜査の際に、文書1057-K24がスタッフ掲示板に貼られているのが発見されました。文書1057-K24は手書きですが、指紋は検出されていません。

文書1057-K24:
パニックはサメの概念が実在のサメより危険だということを示しているのだ。
まったくどんなサメより危険なのだ。
今回もサメだったろう? (Are we sharks yet?)

(*訳注: 原文は Shark Punching Contingencies ですがSCP財団の日本語化wikiでの現在の一般的表記と対置させる形でこの表記としました)

  • 最終更新:2013-09-30 13:30:28

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード