豪サーファーの勧誘について

全職員は下記サーファーを模範とし業務に励むこと。

以下██通信より抜粋**

 2015年██月31日 オーストラリア東海岸で31日、サーフィン中にサメに襲われた男性(52)が、腕や脚を負傷しながらサメを殴りつけるなどして生還を果たした。

 男性がサメに襲われたのは、観光客に人気の高いニューサウスウェールズ(New South Wales)██。近くでは今月、サーファーがサメに襲われて重傷を負っている。

 警察によると、被害者の男性は100メートルほど沖合でサーフィン中にサメの背びれに気付き、周辺にいたサーファーに大声で逃げるよう叫んだ。自身もパドリングで岸を目指したが、左脚をサメにかまれ、その衝撃でサーフボードから転落。男性はサメを追い払おうと殴ったが、格闘するうちに左腕もかまれたという。

 男性はどうにか海岸までたどり着き、居合わせた人が男性の左脚に止血処置を施した。救急車で近くの病院に搬送されたこの男性は、重傷だが容体は安定しているという。


尚当事者へは秘密裏に、我がSPCへの勧誘目的で接触を試みる予定であるが、すでに引退した元SPC職員であった場合、再雇用条約決議を進める必要がある。

  • 最終更新:2015-08-01 20:02:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード